使いやすいキャッシングとは?

身近で使うことが可能なキャッシング即日を利用しよう



キャッシングというのは、基本的に少額融資を提供している消費者金融のサービスとして認識されています。その認識は間違ってはいなく、確かに貸金業者が提供する少額融資はすべてキャッシングに分類されることになるので、貸金業に当てはまっている業種のサービスはすべてキャッシングということになります。

この点は、金融機関として融資を実施している銀行とは大きな違いになっている点の一つでもあります。消費者金融などの貸金業者が提供するサービスですから、中にはこのサービスを利用することに関して馴染みのない人もいるでしょう。しかし、実はキャッシングそのものに関してはすでに多くの人がそのサービスを自然と使うことができる環境に身を置いているのです。

なぜ上記のように述べることができるのでしょうか。それは、ごく普通の人が利用しているクレジットカードの機能の中にキャッシングを利用することが可能な枠が存在するからです。このクレジットカードのキャッシングの枠のことを一般的にキャッシング枠と言います。

キャッシング枠は、クレジットカードの機能の中でもショッピング枠のおまけのようなものです。クレジットカードは、大きな現金を持ってショッピングをすることが煩わしいと考える人に対して提供されているものなので、普通はクレジットカードを利用する際に現金を相手に対して渡すことはありません。

カードを店員に渡して終わりです。しかし、ふとした時にすぐにでも現金を取り出すことができるように、直接現金を引き落として少額融資を利用することが可能なように小さな枠を提供しているのです。クレジットカードを保有している人ならば大半のケースでこのキャッシング枠は存在しており、大学に行っている学生であってもこの枠を利用することはできます。

実際に、キャッシング枠に関しては銀行の規定ではなく貸金業の規定を適用しなくてはならないように決められていますので、キャッシング枠は一般の人にとって最もなじみのあるキャッシングと判断することができるわけです。
西京銀行

モビットのウェブ完結申込の優位性と注意点

銀行系のカードローンでも消費者金融系のカードローンでも、カードローンは一種のローン契約となるため、契約の際には各金融機関が実施する審査をパスする必要があります。

最近ではインターネットや自動契約機などから申し込みができる金融機関が増えたこともあって、以前よりも気軽に申し込みができるようになりましたが、昔から現在に至るまで残っている重要な審査の一つが職場への電話による在籍確認となります。

カードローンやキャッシングの申込をした場合にほぼ例外なく実施される職場へ確認の電話ですが、大手消費者金融のモビットでは、ウェブ完結申し込みをすることで、職場への確認の電話をなくしての契約が可能となっています。

ウェブ完結申込は、インターネットから24時間365日申し込みができるという優位性がありますが、モビットの場合は、加えて郵送物や電話確認までなくすことができるので、誰にも知られずにキャッシング契約をしたいと考えている人にはおすすめができます。

しかし一方でウェブ完結申込で契約する場合には、カード発行と職場への電話確認がある通常のモビットカードの申込よりも多くの準備物が要ることとなるので、ウェブ完結申し込みを行う際には事前に必要なものについて確認し、しっかり用意しておくことが肝心になります。

モビットカードの発行がある通常の申込方法の場合、契約の際に必要となるのは、本人確認書類として運転免許証の写し、そして所得証明書として源泉徴収票などの写しが2点必要になりますが、ウェブ完結申込の場合、さらに多くのものが必要となります。

ウェブ完結申込をした場合、返済方法は口座振替に限られるので、返済用口座として三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要になりますし、職場への電話確認に替えて直近1ヶ月分の給与明細書の写しと社会保険証もしくは組合保険証の写しが必要となるのです。

特に返済用口座についてはすでに口座を持っていれば問題ありませんが、持っていない場合は開設に手間と時間がかかるので、注意が必要となります。

小口融資が本業の消費者金融だからこそサービスが充実

消費者金融のイメージは昔と随分変わってきましたが、それでも決して手を出してはいけないもの、というイメージを持っている人も少なくないでしょう。その理由は、おそらく個人にお金を貸すことを専門にしている業種だからです。銀行からお金を借りるのも、消費者金融から借りるのも、実は大差はないのですが、なぜか銀行は安心、と思い込んでいる人が多くいます。

一般の人は、銀行はお金を預けるところと思っているかもしれませんが、銀行も消費者金融と同じように、お金を貸すのが主な仕事です。個人から広く集めたお金を法人に貸して、その利息が主な利益になっています。ほかにも個人から集めたお金を投資にまわしたり、信託業務を行っていたり、といろいろとしています。多くの業務の1つに個人向け融資があります。

消費者金融は、法人融資を主な業務としている銀行に対し、消費者つまり個人への融資を主な業務としている、ということで消費者金融と名付けられています。消費者の味方という言い方もできるかもしれません。

銀行に比べて消費者金融のほうが相対的に審査が早いのは、それが本業だからです。個人へお金を貸すことが仕事ですから、少しでも消費者の希望にこたえようと審査をスピーディにしています。お金が必要になるのは週末が多いということで、土日や祝日でも即日融資に対応しているところが多くあります。この点は、なかなか銀行には太刀打ちできません。

先述のように、銀行は数ある業務の1つとして個人向け融資を行っているに過ぎないからです。消費者金融と提携している銀行など、一部で週末にも即日融資が可能な銀行もありますが、基本的には銀行の営業時間が融資可能時間です。 そして、返済方法にも注目しなければなりません。

お金を借りる時は、つい金利や審査のスピードばかり見てしまいますが、返済方法はそれ以上に大切です。借りたお金は返さなくてはなりませんから、返済しやすいかどうかも是非チェックしてください。消費者金融は銀行よりも多彩な返済方法を用意していることが多く、返済日も自由に選べる利便性があります。

それぞれの特徴は?メガバンク3社のカードローン比較

メガバンクのカードローンは日本中どこでも利用ができますし、大手銀行のカードローンという安心感に加えて、低金利で高額の融資限度額での契約が期待できる、使い勝手の良いカードローンと考えて差し支えありません。

さらに最近のメガバンクのカードローンは、大手消費者金融のカードローン並の審査スピードがウリとなっていて、申込をして最短で即日キャッシングさえも可能となっています。このように多くのメリットが考えられるメガバンクのカードローンですが、それぞれにどのような特徴があるのかが分かれば、より合理的な契約と利用がしやすくなります。

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のメガバンク3社のカードローンについて比較を行っていきましょう。

・三菱東京UFJ銀行のバンクイック バンクイックの金利は年1.8%から14.6%となっていて、融資限度額は最大で500万円までとなっています。 バンクイックはテレビ窓口から申込を行うことで、申込からカード発行までの時間が最短で40分となっていますし、インターネットから申込をした場合でも審査会までの時間が最短で30分となっています。 さらにバンクイックは、配偶者に安定的かつ継続的な収入があれば専業主婦でも申し込みが可能となっているので、多くの人が便利に利用できるという特徴があります。

・三井住友銀行のカードローン 三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%から14.5%となっていて、融資限度額は最大で800万円となっています。 審査にかかる時間は最短で30分であり、もちろん申込をした当日中にカード発行をしてもらうことも可能です。 なおSMBCダイレクト(インターネットバンキング)から限度額を300万円以内として申し込みを行うことで、原則審査書類提出なしでの契約が可能です。

・みずほ銀行のカードローン みずほ銀行カードローンの金利は年14.0%から3.0%となっていて、融資限度額は最大で1000万円となってます。 Web完結申込を行うことで来店不要で即日借り入れが可能ですし、みずほダイレクト(インターネットバンキング)から限度額を200万円までとして申し込みをすれば、原則審査書類なしで契約ができます。